BOOKMARK

求人についてのWebサイト「秘書に転職しよう」

能力と人間性が重要なポイント

人気の高い職種のひとつである秘書業務は、高いレベルのスキルが求められる職種になっています。就職や転職をするにあたって秘書業務を希望する場合にはそれ相応の知識や能力を有している必要があるといえます。また、秘書は業務内容をスムーズに行える能力をもっていることのほかにも人間性が強く要求される職種で、明るさ・前向きさ・協調性・責任感などといったことも非常に重視されます。そういったことから、秘書は転職しやすい職種であるとはいい難いですがビジネスにおいてのあらゆる部分で秘書業務は重要な役割を占めているので期待や信頼が大きく寄せられるものとなるので、とてもやりがいのある仕事です。
秘書はひとつの会社でそれほど人数が多くはないので、秘書業務を希望してもそれが叶わないことがあります。秘書として就職・転職を考えている場合には、実務経験・秘書検定取得の有無・専門技能の習得・英語力などといったものを持っていると優遇される可能性が高いです。

秘書の仕事は主に専属で付いている上司のスケジュールの管理や調整・会議や打ち合わせの時間設定やセッティング・来客や電話の応対・慶弔各種手配・データ管理など内容は多岐に渡ります。秘書としての専門業務はもちろんのことですが、それに加えて事務・庶務などの事柄全般も担当することになります。会社によっては秘書として採用される条件の中に実務経験・秘書検定または国債秘書検定などの資格を有していることが含まれている場合もあります。
秘書は業務内容には質の高さが求められるとともに、パソコンでの文書作成やデータ管理などの基本的な操作を行うことができるスキルも必要です。そして何かアクシデントが起きた場合に臨機応変に対応ができる人柄なども求められます。

業務の内容が多岐に渡る秘書業務は活躍の場が多くあります。また、外資系銀行や国際化が活発に行われている企業などにおいては国際秘書などの人材が非常に重宝されるのでそういった企業で経験を積めば、転職するときにもそれが役立ち日本国内だけではなく海外の企業への転職も夢ではなくなります。
ビジネスにおいての多様化が幅を利かせている現代においては、秘書業務というものは活躍の場が広がっているのでとても将来的に有望な職種であるといえます。そのニーズは今後も高まっていくと予想されているので、上昇志向のある方や海外で仕事をしてみたいという方などには秘書はうってつけの職種です。